リサーチ4日目(水曜午後)

タイの刑務所にいきました!
タイで捕まったわけではありません!!!
訪問者の名前は遅くとも2週間前には提出しないと行けないので、飛び入りの私はもしかすると刑務所前で待つかもしれないと言われながらくっついていきました。パスポートを渡して30分ほど待っていたらラッキーなことに入れてもらえました!NGO事務局長のトゥーチット、ビルマ人スタッフ2名、オーストリア人のスーと私です。スーは短パンで来たら肌を隠さないと入れられないと言われ、長いブランケットを借りてスカート代わりに巻いて入りました。スーと私は刑務所なんて初めてなのでドキドキです。入ってみると中庭に通され緑が一杯でちょっとイメージと違ってましたが、26人のビルマ人囚人と対峙する形でトゥーチットが話を始めるとみんな静かに聞いてました。
a0165653_19232341.jpg
なぜ逮捕されたのかを直接聞きどうすればビルマ人の犯罪や誤認逮捕が防げるかの対策を考えるのが目的なので地元の政府も協力的です。必要があれば医療も提供し、タイ語が話せないことによる誤認逮捕や雇い主から罪を押し付けられていることも多いのでそういう場合は弁護士のサポートもします。タイの刑務所で人権が守られるのか、NGOが入ることで監視の目的もあります。
a0165653_19241481.jpg

女性囚人がどういう状況なのか気になったので刑務所の責任者のおじさんに聞いたら中を見せてくれて説明してくれました。手に職をつけるため漁の網を編んだり、裁縫をしたり、パンやお菓子を焼いたりしています。写真の私のお隣はビルマ人スタッフのスー、右側が刑務所のヘッドのおじさんです。怖そうな顔をしてたのですが実はとっても良いおじさんでした。ちょっとジャイアンっぽかったです(笑)
a0165653_213226.jpg

ジャイアンのリクエストでみんな(女子だけ)で刑務所前で写真を撮りました。
a0165653_2171687.jpg

そして刑務所の後は、Learning Center(ビルマの小学校)に行って元気な子ども達に会ってきました。まだタイでは学校として認可されていませんが、ビルマ語、タイ語、英語を徹底的に教え、その上で数学や歴史、コンピューター等必要な科目を教えています。社会に出てすぐに役立つものから学校で教えていて子ども達はみんな日本の学校環境ほどには恵まれてはいないけれど楽しそうに一生懸命勉強しています。
[PR]
by meg2010 | 2010-07-25 21:04


<< リサーチ4日目(水曜夜) リサーチ4日目(水曜午前中) >>