余震が続きますが

朝は想像以上に電車が動かず駅は人で溢れていました!
節電のため薄暗いオフィスでustreamのテレビ中継から聞こえる地震速報に耳を傾けながら仕事をしていました。東京は今日も何度も余震があったけど、震源近くの被災地にいる人たちが恐怖の中で毎日を過ごしていることを考えれば、いつでもリュックを持って逃げれる用意をしておけば必要以上に心配する必要はない!
今朝の茨城県沖の震度5地震直後の大津波警報を聞いた時は、まだ救助を待っている人、救助作業をしている人が目に浮かび祈るような気持ちでオフィスでみんなでその後のニュースを待っていました。津波が来なくてよかった・・・。

死者は2〜3万人になるとも予想されていて、今日も千人単位の水死体が三陸沖やあちこちで見つかっています。遠いどこかの国で起こってる話じゃなく日本の電車ですぐいけるところの現実です。義援金はもちろん、私たちにできることを行動しましょう。思ってるだけ考えてるだけでは何も変わりません。

今この時も被災地に入っているレスキュー隊、警察、自衛隊、NGO、各国支援隊は震源地近辺でいつおこるかわからない余震や津波の危険と隣り合わせの中で救助活動に励み、福島原発だって日本中が大騒ぎしてただ見守る中で放射能漏れの危険の中で発電所で格闘している人たちが大勢います。
[PR]
by meg2010 | 2011-03-14 23:38


<< 日本のメディアおかしくない? 雅 >>