5日目

登米市は内陸側なので震災の被害が比較的少なく、石巻、三陸町、気仙沼に隣接している為、各地域からの避難者を受け入れている避難所が11カ所あり、沿岸地域への支援拠点にもなっています。
このような広域災害の場合、被害の大きかった地区での支援や復興活動にばかり注目するのではなく、登米市のような近隣拠点の役割の重要性をもっと考えるべきかもしれません。あと、自分が何をできるか?だけではなく、自分が居住する市が県が何をできるか、何をしているかを知り関わっていくことも大切だなと思いました。個人として支援することも大切だけれど、自分はより大きな力を動かす力となり得るのですものね。
[PR]
by meg2010 | 2011-05-13 23:53


<< アジアNGOリーダー塾報告会 MAXやまびこ46号 >>