2010年 07月 21日 ( 1 )

リサーチ3日目(火曜午前中)

今朝は7時20分に出発してエビ養殖の現場と別のゴム農園にJVCに便乗して視察に行きました。エビ養殖は安定していて良い仕事だと言ってますが1日も休む事も池から離れることもできません。朝6時から夜中0時まで作業が続きます・・・。ゴム農園は20から16歳の3兄妹で1700本のゴムの木に傷をつけてゴムの樹液をボウルに貯める作業を夜中1時から明け方までやって明け方に全て集め、機械で板状のゴムにして乾かします。終るのは午前10時から遅い時は午後1時だそうです。16歳の女の子には危険だし重労働です。
a0165653_0194026.jpg

朝ご飯は一人でゲストハウスの向かいにあるヌードル屋台に入ってみました。タイ語は全くわからず、ジェスチャーのみ!グリーンカレーを麺の上にかけてもらい写真にある野菜は食べ放題で食べていると向かいに座ってた女性が私に飲み物を選びなさいってこれまたジェスチャーで教えてくれて甘いアイスティを頂きました♪客もお店のおばさんもみんな私に世話を焼いてくれてとっても優しいー。30バーツ(96円)でした。
a0165653_0281926.jpg

FEDにもどってまたJVCと一緒にナーサリー(保育園)、小学校(未認可)、漁村に向かいました。保育園の子どもたちがめっちゃめちゃ可愛くって離れるのが名残惜しかったです。漁村では写真にあるこんなにビビッドな色使いの公衆電話をめっけ!漁村ではHIVの患者が多く小学校にもHIVポジティブの6歳の子が2人いてその家族の家2軒を回って話を聞き、もう1軒では4歳の男の子が床に横たわっていました。
a0165653_0344834.jpg

ビルマ国内で両親ともHIVで亡くなり男の子が一人でいるのを見つけた仕事でタイとビルマを行き来しているビルマ人の女性が連れて帰ってきてその娘さんが面倒をみているそうです。
[PR]
by Meg2010 | 2010-07-21 00:37