2010年 07月 22日 ( 2 )

リサーチ4日目(水曜午前中)

朝9時におしゃれさんで可愛いモーがバイクで迎えに来てくれてLearning Center(小学校)2カ所に連れて行ってくれました。子供たちの元気なこと!!!小さな教室ですがみんなもの凄く勉強熱心です。親や周りがとても苦労しながら教育を提供しているのを知っているからでしょうね。オフィスに戻ったら今度はタイ人のエイがタイの幼稚園と小学校3カ所に連れて行ってくれました。小学校はタイ語が十分上達していて且つタイの小学校に受け入れてもらえた子供たちだけが通っているのですが、いろんな驚きがありました。まずはさすがにビルマ人コミュニティの小学校と比べると格段に設備が整っていて広くて奇麗。まあ、NGOが資金をなんとか集めてギリギリのところで運営しているのとは比べ物にはならないですよね。タイ人の先生達はとっても良い人たちで子供たちも馴染み過ぎててだれがビルマ人で誰がタイ人なのか私にはさっぱりわかりませんでした。タイ人のエイはNGOスタッフとLCのタイ語の先生と兼任しています。使命感に燃えていて、彼いわくタイのコミュニティも先生もビルマの子供たちを受け入れるのに全く問題ない!そうです。彼がとても上手く橋渡しをしているからみんな安心できてるんだろうなー。他の地域ではまだまだそう上手くはいかないけれど、間に立つ人が情熱をもって且つバランス良くリードできれば障壁も案外超えていけるんですね。
[PR]
by meg2010 | 2010-07-22 22:22

リサーチ3日目(火曜午後)

a0165653_21333499.jpg

やっとランチ!タイ料理〜。
午後はオフィスでJVCがFEDの事務局長トゥーチットとミーティングをしていたのでそれが終ってから少しトゥーチットと話し、ゲストハウスに戻ってシャワー浴びてリフレッシュしてからトゥーチットの自宅でディナーでした。
a0165653_21341286.jpg

JVCが最後の夜だったので私はおまけですが、トゥーチットの姪が作ったミャンマー料理の数々は素晴らしく美味しかった!!!ビルマ人孤児を6人養子にしているそうで自宅はその友達も集まり大賑わいでした。自宅の庭にこんな素敵な高床の食事場所が作られてましたー。トゥーチットは2008年にアショカ財団のフェローに選ばれていて、日本人には馴染みがないようでJVCの人たちも誰も知らなかったのだけど、世界中から社会に変革をもたらす人を捜し出して来て厳しい審査の後に選ばれたら様々なサポートを財団から受けられるすごーーい賞なんです。
帰りの車の中でJVCに日本のNGOについての質問をいくつかしてみたけど、お気に召さないようでなんともよくわからない回答。某NGO事務所を訪れた時は雰囲気が暗くて愛想がなくてサービス精神が全くない・・・って伝えたら、俺たちもよくそういわれるんだけどそういうつもりは全くないんだよなーって答えでした。よくそういわれるってことは自覚してないだけでそういう対応してるってことですよ・・・。顧客マインドがないとやっぱそうなるのね。

疲れ過ぎたので夜遅かったけどタイで初のタイマッサージに行きました。1時間半コースで最初の30分は覚えてるけど気付いたら終ってましたー。マッサージしてくれた人が癒し系のタイ人女性でタイは働き方もとってもリラックスしているので日本や他の国とは違うから、タイ人が国外に出るとみんなストレスで体がおかしくなっちゃうのよねーって。仕事だってやっぱりおおらかな心が必要ですよね。
[PR]
by meg2010 | 2010-07-22 21:46