<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

プゴク

a0165653_1941697.jpg

プゴクって知ってますか?TV放映の影響で今話題になってる韓国の美肌スープです。美味しいので最近よく作ります。でも私の作り方は超手抜きバージョン!干しタラをはさみでちょきちょききって鍋に水と一緒に入れて30分放っておきます。あとは沸かしてアクをを取り、韓国スープの素のダシダを入れて野菜をいれるだけ。今日はニラと大根をいれました。薄味に仕上げてタラの味を楽しみマース。一緒に豚キムチも作りました。豚を胡麻油で炒めてキムチを入れるだけ・・・。だってシンプルな方が美味しいし安心です。

お出かけしようと思ったけど、サラダだけでは足りず追加晩ご飯ー!
熱いスープに辛いキムチで食べながらすでに汗がダラダラ・・・
歯を磨いたら今度こそお出かけして勉強せねば!!!
[PR]
by meg2010 | 2010-07-31 19:23

お酢のサラダ

a0165653_18244582.jpg

今日は11時から1ヶ月振りの鍼でした!まだ皮膚がぶ厚くてぶよっとした首や関節からは黒くてドロドロした老廃物の塊が血となって出てきます・・・。タイから帰ってきてから見かけはあんまり気にならなくなったけど、しっかしよく取れました!贅沢や食べ過ぎやジャンキーな食生活や運動不足の人は一見わからなくても体の中の血は間違いなくドロドロですからねー!自分が食べるものが自分の体を作りますよ〜!

鍼の後は千石でNGOリーダー塾でした。13時半から17時まで・・・。あんまり議論にならなくて、聞くだけの話は眠くなります019.gif8月中は毎週土曜にNGO講座がまだまだ続くのだ・・・。9月初めにはフィリピンのNGO活動やスラムなどをまわるStudy Tourにいきまーす。

お腹が減ったので取り敢えずサラダを作って食べました!トマト、キュウリ、ミョウガ、白ごま、大葉、ネギ、ショウガ、お酢のみでさっぱり美味しいーー!!
さあ、来週提出のレポートがあるので勉強に行って来まーす。
[PR]
by meg2010 | 2010-07-31 18:40

蒸し暑すぎない?

日曜にタイから帰国して、月曜から仕事に戻りたまっていた仕事を片付けてました。今日は山下先生の修論指導だったので準備のためこの2−3日ジタバタしてました007.gif序論を書いて行くのが宿題だったので何とか書いたのだけど、なかなか思うようにはね・・・。

しっかし東京は蒸し暑いです。絶対バンコクより暑い〜。湿気が異常に高くて空気が重い。お陰で皮膚の中にも水分が溜まりやすいのか、東京に戻って来てから毎日ヨガかジョギングで運動を続けてるので体調は悪くないのだけど、皮膚は水分でぶよぶよした感じがして湿疹や蕁麻疹が出やすくなってます。汗で出しても追いつかない・・・東京の夏やだな〜。もっとからっとした暑さになんないかな〜。
家では2年以上もう冷暖房を使ったことがないのだけど、さすがに暑過ぎて寝苦しい〜
[PR]
by meg2010 | 2010-07-28 23:34

バンコク2日目(土曜)

朝6時半からナム、ナムママと3人でジョギングへ!!!と言ってもバンコクではみんな市民運動公園へ車で行き公園内のジョギングコースを走るのが普通だそうです。ということで軽くジョギングをした後はみんな朝市でうろうろ。すっごい数の屋台が出ています。これだけ安くて美味しくて暑いと誰も料理なんかせずに外で食べちゃいますよねー。

午後は、なんと会社の同僚のお母さんが一人タイで暮らしていてしかもタイの大学院で日本語教授法を教えているとのこと!是非会ってみたいと思って待ち合わせをしました。とっても素敵なアフタヌーンティに連れて行ってもらって色々とお話を伺いました。さすがにタイで一番の大学院で教えている教授です。お年を召しているとはいえ、一本筋が通っていてあっぱれな女性でした。国のために人を育てることが必要という彼女の言葉にうなずきました。
a0165653_23135739.jpg


夜はお土産ショッピング・・・。人ごみは疲れるけれどいつもお世話になっているみんなに素敵なおみやをゲット!
[PR]
by meg2010 | 2010-07-28 23:17

バンコク1日目(金曜午後)

朝8時半前に迎えに来てもらってプーケット空港からバンコク空港へ!!!
正午過ぎにバンコクへ到着しタイ人の友人ナムとパパが迎えに来てくれて午後はバンコクを満喫しました♪
バンコクで一番有名なお寺にナムが張り切って連れて行ってくれたのですがすでにお寺が閉まっていたのでトゥクトゥクに乗って次のお寺へ〜。なんとその途中で大雨になり二人ともトゥクトゥクでびしょ濡れ!そして神社についたらなんと雨がぴたっとやみ快晴になりました。次はバックパッカーが多いインターナショナルなエリアです!オープンカフェが多くてとっても素敵なエリアでヨーロッパ系が多くてインターナショナルというかエキゾチックな感じがします。オープンエアで足のマッサージをナムとトライしました。
a0165653_21231357.jpg

マッサージを受けながら私が見ていた景色です↓
a0165653_2126638.jpg

小腹がすいたのでたーっくさんの屋台の中でご飯を食べました。
a0165653_21282592.jpg

私は蒸しチキンの唐辛子ソース、ナムはスキヤキ(タイのスキヤキなので日本のとは全く違いますが、スキヤキと言います)
a0165653_21323987.jpg

午後半日しかバンコクで過ごしてないのにとーっても充実して楽しかった!!!
[PR]
by meg2010 | 2010-07-25 21:34

リサーチ4日目(水曜夜)

オーストリア人のスーと一緒にFEDからゲストルームに戻りそのまま向いのマーケットでマンゴスチンを買ってそのままビーチへ!!!
a0165653_21394551.jpg

実はゲストルームから徒歩10分で素敵なビーチがあるのです。二人で波打ち際を歩いて、途中でサンダルをビーチに放り投げて波でびしょびしょに濡れながらゆーーーっくり散歩を楽しみました。やっぱり自然っていいな〜心の中に溜まっているものがさらさらと流れていくようです。
a0165653_21583087.jpg

とーっても素敵なサンセットもみましたよっ012.gif
a0165653_21413045.jpg

その後は美味しいほーんとに美味しいタイ料理です。スーはなんと高校生時代にタイで過ごしたこともあるのでタイ語が話せます。ベジタリアンなのでお肉なしのソムタムやヤムウンセン!めちゃめちゃ美味しくってスティッキーライス(餅米)をおかわりしてしまった・・・。
a0165653_21521999.jpg

途中でフランス人ボランティアのアンもジョインしました。アンいわくボリビアを旅行した時の長距離バスがあり得ないくらい酷かったそうです。それに比べればどんな旅行もなんてことはない!いずれにせよ何でも経験よねー!って。みんな、怖がってないでチャンスを作ってどんどんチャレンジしませう!
a0165653_2149263.jpg

[PR]
by meg2010 | 2010-07-25 21:33

リサーチ4日目(水曜午後)

タイの刑務所にいきました!
タイで捕まったわけではありません!!!
訪問者の名前は遅くとも2週間前には提出しないと行けないので、飛び入りの私はもしかすると刑務所前で待つかもしれないと言われながらくっついていきました。パスポートを渡して30分ほど待っていたらラッキーなことに入れてもらえました!NGO事務局長のトゥーチット、ビルマ人スタッフ2名、オーストリア人のスーと私です。スーは短パンで来たら肌を隠さないと入れられないと言われ、長いブランケットを借りてスカート代わりに巻いて入りました。スーと私は刑務所なんて初めてなのでドキドキです。入ってみると中庭に通され緑が一杯でちょっとイメージと違ってましたが、26人のビルマ人囚人と対峙する形でトゥーチットが話を始めるとみんな静かに聞いてました。
a0165653_19232341.jpg
なぜ逮捕されたのかを直接聞きどうすればビルマ人の犯罪や誤認逮捕が防げるかの対策を考えるのが目的なので地元の政府も協力的です。必要があれば医療も提供し、タイ語が話せないことによる誤認逮捕や雇い主から罪を押し付けられていることも多いのでそういう場合は弁護士のサポートもします。タイの刑務所で人権が守られるのか、NGOが入ることで監視の目的もあります。
a0165653_19241481.jpg

女性囚人がどういう状況なのか気になったので刑務所の責任者のおじさんに聞いたら中を見せてくれて説明してくれました。手に職をつけるため漁の網を編んだり、裁縫をしたり、パンやお菓子を焼いたりしています。写真の私のお隣はビルマ人スタッフのスー、右側が刑務所のヘッドのおじさんです。怖そうな顔をしてたのですが実はとっても良いおじさんでした。ちょっとジャイアンっぽかったです(笑)
a0165653_213226.jpg

ジャイアンのリクエストでみんな(女子だけ)で刑務所前で写真を撮りました。
a0165653_2171687.jpg

そして刑務所の後は、Learning Center(ビルマの小学校)に行って元気な子ども達に会ってきました。まだタイでは学校として認可されていませんが、ビルマ語、タイ語、英語を徹底的に教え、その上で数学や歴史、コンピューター等必要な科目を教えています。社会に出てすぐに役立つものから学校で教えていて子ども達はみんな日本の学校環境ほどには恵まれてはいないけれど楽しそうに一生懸命勉強しています。
[PR]
by meg2010 | 2010-07-25 21:04

リサーチ4日目(水曜午前中)

朝9時におしゃれさんで可愛いモーがバイクで迎えに来てくれてLearning Center(小学校)2カ所に連れて行ってくれました。子供たちの元気なこと!!!小さな教室ですがみんなもの凄く勉強熱心です。親や周りがとても苦労しながら教育を提供しているのを知っているからでしょうね。オフィスに戻ったら今度はタイ人のエイがタイの幼稚園と小学校3カ所に連れて行ってくれました。小学校はタイ語が十分上達していて且つタイの小学校に受け入れてもらえた子供たちだけが通っているのですが、いろんな驚きがありました。まずはさすがにビルマ人コミュニティの小学校と比べると格段に設備が整っていて広くて奇麗。まあ、NGOが資金をなんとか集めてギリギリのところで運営しているのとは比べ物にはならないですよね。タイ人の先生達はとっても良い人たちで子供たちも馴染み過ぎててだれがビルマ人で誰がタイ人なのか私にはさっぱりわかりませんでした。タイ人のエイはNGOスタッフとLCのタイ語の先生と兼任しています。使命感に燃えていて、彼いわくタイのコミュニティも先生もビルマの子供たちを受け入れるのに全く問題ない!そうです。彼がとても上手く橋渡しをしているからみんな安心できてるんだろうなー。他の地域ではまだまだそう上手くはいかないけれど、間に立つ人が情熱をもって且つバランス良くリードできれば障壁も案外超えていけるんですね。
[PR]
by meg2010 | 2010-07-22 22:22

リサーチ3日目(火曜午後)

a0165653_21333499.jpg

やっとランチ!タイ料理〜。
午後はオフィスでJVCがFEDの事務局長トゥーチットとミーティングをしていたのでそれが終ってから少しトゥーチットと話し、ゲストハウスに戻ってシャワー浴びてリフレッシュしてからトゥーチットの自宅でディナーでした。
a0165653_21341286.jpg

JVCが最後の夜だったので私はおまけですが、トゥーチットの姪が作ったミャンマー料理の数々は素晴らしく美味しかった!!!ビルマ人孤児を6人養子にしているそうで自宅はその友達も集まり大賑わいでした。自宅の庭にこんな素敵な高床の食事場所が作られてましたー。トゥーチットは2008年にアショカ財団のフェローに選ばれていて、日本人には馴染みがないようでJVCの人たちも誰も知らなかったのだけど、世界中から社会に変革をもたらす人を捜し出して来て厳しい審査の後に選ばれたら様々なサポートを財団から受けられるすごーーい賞なんです。
帰りの車の中でJVCに日本のNGOについての質問をいくつかしてみたけど、お気に召さないようでなんともよくわからない回答。某NGO事務所を訪れた時は雰囲気が暗くて愛想がなくてサービス精神が全くない・・・って伝えたら、俺たちもよくそういわれるんだけどそういうつもりは全くないんだよなーって答えでした。よくそういわれるってことは自覚してないだけでそういう対応してるってことですよ・・・。顧客マインドがないとやっぱそうなるのね。

疲れ過ぎたので夜遅かったけどタイで初のタイマッサージに行きました。1時間半コースで最初の30分は覚えてるけど気付いたら終ってましたー。マッサージしてくれた人が癒し系のタイ人女性でタイは働き方もとってもリラックスしているので日本や他の国とは違うから、タイ人が国外に出るとみんなストレスで体がおかしくなっちゃうのよねーって。仕事だってやっぱりおおらかな心が必要ですよね。
[PR]
by meg2010 | 2010-07-22 21:46

リサーチ3日目(火曜午前中)

今朝は7時20分に出発してエビ養殖の現場と別のゴム農園にJVCに便乗して視察に行きました。エビ養殖は安定していて良い仕事だと言ってますが1日も休む事も池から離れることもできません。朝6時から夜中0時まで作業が続きます・・・。ゴム農園は20から16歳の3兄妹で1700本のゴムの木に傷をつけてゴムの樹液をボウルに貯める作業を夜中1時から明け方までやって明け方に全て集め、機械で板状のゴムにして乾かします。終るのは午前10時から遅い時は午後1時だそうです。16歳の女の子には危険だし重労働です。
a0165653_0194026.jpg

朝ご飯は一人でゲストハウスの向かいにあるヌードル屋台に入ってみました。タイ語は全くわからず、ジェスチャーのみ!グリーンカレーを麺の上にかけてもらい写真にある野菜は食べ放題で食べていると向かいに座ってた女性が私に飲み物を選びなさいってこれまたジェスチャーで教えてくれて甘いアイスティを頂きました♪客もお店のおばさんもみんな私に世話を焼いてくれてとっても優しいー。30バーツ(96円)でした。
a0165653_0281926.jpg

FEDにもどってまたJVCと一緒にナーサリー(保育園)、小学校(未認可)、漁村に向かいました。保育園の子どもたちがめっちゃめちゃ可愛くって離れるのが名残惜しかったです。漁村では写真にあるこんなにビビッドな色使いの公衆電話をめっけ!漁村ではHIVの患者が多く小学校にもHIVポジティブの6歳の子が2人いてその家族の家2軒を回って話を聞き、もう1軒では4歳の男の子が床に横たわっていました。
a0165653_0344834.jpg

ビルマ国内で両親ともHIVで亡くなり男の子が一人でいるのを見つけた仕事でタイとビルマを行き来しているビルマ人の女性が連れて帰ってきてその娘さんが面倒をみているそうです。
[PR]
by Meg2010 | 2010-07-21 00:37