<   2011年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

リラックスと美味しい料理と楽しい語らいと

a0165653_2242925.jpg

朝いちで日本の神様カードを引くと「少彦名神(すくなひこなのかみ)」。カードのメッセージは「あなたは少し忙しすぎるか頭で考えすぎているかもしれません。自分の身体に向き合い、ちょっとリラックスしてみましょう」カードのテーマは「ユーモア、深い呼吸、癒し」わかりました神様、だって石巻で私に突きつけられた現実とは思えない堪え難い現実にどうやって対峙したらいいのか、考えずにはいられませんもの。でもたしかにそう。頭も心もリラックスせねば、本当は何もわかりませんものね。

ってことで今夜は元子嬢と神田で美味しいと評判のビストロマルサンヌ
a0165653_22544646.jpg
a0165653_22522930.jpg
a0165653_2252443.jpg
a0165653_2253255.jpg
a0165653_22532646.jpg

確かに美味しい!!!お料理もワインも素敵でした。大量の生野菜が入ってるリオン風サラダはあっという間に食べてしまい撮影できず・・・。被災地以外で生活する私たちは外食をしたり贅沢をすることは何だか申し訳ないと思いがちですが、自粛がいきすぎるとサービス業が打撃を受け経済が停滞し被災地を支えていくことが出来なくなります。余裕があれば外食も多いに楽しみ盛り上がりその分同じぐらい被災地へ支援を送りましょう!

私は今日頂いた美味しい料理とワインと楽しい語らいを糧にしっかり仕事して稼いで一人でも多くの仲間を増やして、また被災地に支援に飛んで行きますよ!石巻は今朝雪が積もっていたそうです。辛い現実を知らないふりをすることは普通にできることだけど、知ろうと思えば簡単に知ることもできます。自分の手を誰かに差し伸べることは、自分自身に手を差し伸べることでもあります。
[PR]
by meg2010 | 2011-04-20 23:08

東北地方は今日は雨の上に気温が下がり雪が降るかも・・・
どうか穏やかな気候になりますようにと祈るような気持ちになります

ルームメイトのエイコーンの金沢在住のおばあちゃんが本日なくなりました。とってもお元気で先日もお菓子を送ってくれたばかりだったのに。94歳で大往生だったのでしょうが大切な人をなくすのは辛いですね。
[PR]
by meg2010 | 2011-04-19 23:58

空はまるで

ってことで、モンキーマジックをYoutubeで検索してみました。左側の細い方がメイナードです。災害ボランティアのプロが歌ってる!!あっ、本当は反対か(笑)本当に真剣でひたむきで気遣いのある心優しい人でしたよ。
兄弟デュオらしい。
Maynard, wow, you sing:)

[PR]
by meg2010 | 2011-04-18 21:48

石巻Day3

a0165653_2111953.jpg
日曜朝8時過ぎにすでに凄い人数がボランティアセンター前に集まっていました。
a0165653_20533578.jpg
ボランティアは全員こういうシールを胸に貼ってボランティアに出向きます。
a0165653_2054283.jpg
小高い丘になっている日和山公園から石巻港の方の津波被害が最も酷かった一体が見下ろせます。津波の時にはこの場所に皆さん駆け上がったそうです。わかるでしょうか?一部の建物だけがなんとか残っている以外は全てなくなっています。もちろん残っている建物もいつ崩れるかわからない状態です。この場所に連れて来てくれたタクシー運転手もタクシーごと津波に流され何とか車から脱出して命拾いをした方で、その時の話を詳しく話してくれました。地震直後に自宅へ急行して家族の安否を確認し家族を高台へ逃がしたのも束の間、自身がタクシーに乗ったまま津波にのまれ、自宅と隣家の間に車両が挟まったまま何とか脱出し自宅の2階へ駆け上ったこと。雪が降る中なんとか一夜を明かしたものの、津波で全てが呑み込まれていくのを見ていたため家族は全滅だろうと思ったこと。翌日お腹まで水につかった道を瓦礫をかきわけ移動したこと。逃げのびて父親を心配した娘さんが冠水した道を泳いで探しにきてくれたこと。
a0165653_21125810.jpg
前夜にタクシー会社に電話した時も野次馬と思われるのが少し怖かったけれど、どうしても自分の目で見ないといけない気がしてメンバーの人たちにもタクシー会社にもお願いをしたら、皆さん快く承諾してくれました。そして見た光景。前を見ても、横を見ても、後ろを見ても・・・同じ光景がどこまでも続いています。
a0165653_21174349.jpg

TVや新聞で瓦礫の山ですって言う時、こういう光景を意味してたんですね。見渡す限り瓦礫の山。タクシー運転手は、地元のおじいちゃんおばあちゃんが戦時中の空襲の焼け野原より酷いと言っていた話もしてくれました。これが今この瞬間の石巻の現実です。
[PR]
by meg2010 | 2011-04-18 21:31

石巻Day2

a0165653_20355252.jpg
一緒に行った5人のメンバーです。
a0165653_20432750.jpg
15人編成で2カ所の学校体育館での避難所作りをしました。1日目の夜の凍り付くような寒さで寝れなかった私は避難所とはいえ広い体育館での寒さを想像すると身が縮む思いでした。凍死するんじゃないか?と思うような寒さも自分がその場で経験しないとなかなかわからないものです。
a0165653_20402254.jpg
自衛隊が本当に至る所で活躍されていてたのが何より印象的でしたが、子供たちも自衛隊員や車両とあちこちで戯れていました。子ども達も頼りにしているのでしょうね。
a0165653_20414537.jpg
ここでは自衛隊がお湯やお風呂を提供していました。
a0165653_20422623.jpg
県外からのボランティアと地元の高校生が一緒に炊き出しも行なっていました。メニューは牛丼、サラダ、野菜とチキンたっぷりのシチュー
a0165653_2046230.jpg
ボランティア同士の思いがぶつかったり、市職員の仕切りが悪かったり、なかなかうまくいかないことも多いけれど、みんな思いは同じです。
[PR]
by meg2010 | 2011-04-18 20:48

石巻Day1

a0165653_19504682.jpg

石巻災害ボランティアセンター(VC)は社協が専修大学の協力を得て専修大学構内で運営しています。朝8時半ぐらいから受付を開始するのですが、北海道、名古屋、福岡など全国からボランティアが集結していました!川崎から、名古屋から一人で車を運転してきた!という若者たちにも遭遇。
a0165653_19565451.jpg

VCにマッチングしてもらい10人チーム編成でおじいちゃんおばあちゃんが運営しているアパートの畳運びへ!津波で浸水のため畳は100kgを超えてます。数百キロはあるかも。男性4人でも苦しい重さ・・・。いやー、女子は数人掛かりで運びました。
a0165653_2023614.jpg

午後も同じチームで石ノ森漫画館近くにある少し内陸側に入った海沿いのお宅で、津波で浸水した家財道具と泥の運び出し。50代の依頼主は津波が来た時に慌てて2階に駆け上がりなんとか流されずにすんだそうです。
a0165653_2064050.jpg

1階部分は全て冠水し使えるものはほとんど残っていません・・・しかも水浸しなので本ですら重量級。
a0165653_2082435.jpg

これ、部屋の中です・・・。黒いヘドロが混ざった泥のかき出しもかなりの肉体労働です。もちろん凄い臭いでヘドロが乾いた粉塵は雑菌の危険性の注意喚起もされており、粉塵用マスク、ゴム手袋など完全防備で作業します。
a0165653_20142340.jpg

リーダーを務めてくれた日本語ペラペラのカナダ人メイさんが手慣れた様子で、床板を外し更にその下に溜まっているヘドロ泥を確認中。時間切れのため、依頼主に明日以降の引き続きのボランティ希望意向を確認してました。そして、終ってから知ったのですが、一緒に作業をしたメイさんはモンキーマジックっていうバンドのリードボーカルだそうです。売名行為と取られるのが嫌で、仙台の自宅の片付けも手つかずのまま震災直後から宮城の各地で1ヶ月間個人での災害ボランティアを続けているそうです。誰よりもよく働き的確な指示を出していたので、バンドのボーカルっていうよりは、本当に災害ボランティアのプロだとばっかり思ってました!
[PR]
by meg2010 | 2011-04-18 20:31

まだバス移動中

東北道の福島県通過中大渋滞のため、21:10新宿着予定がやっと栃木市をぬけ埼玉~
新宿は23時ごろ到着のよう007.gifしんどい~早く帰って3日ぶりのお風呂入りたい~そしてもう限界に寝たいぞ~
[PR]
by meg2010 | 2011-04-17 22:20

石巻海岸部

時間の制限のため今日はボランティアを取りやめてタクシーをチャーターして石巻で最も被害が酷かった海岸地区をまわりました。自分がそこに行って自分で見ないとわからない感覚ってあります。タクシー会社にはどれだけの甚大な被害なのかを自分たちの目でみて、東京に戻ったら仲間にも報告したいと率直に相談したら、ガイドを引き受けてくれました。タクシーの運転手さんもタクシーごと津波に押し流され、首まで水に浸かった状態から逃げ延びた方でした。

TVでも見たはずの最も津波の被害を受けた石巻海側の光景。違うのは、画面に映し出される切り取られた四角い空間だけじゃなく、見渡す限り瓦礫と火事の焼跡そして泥に粉塵、乗り上げた船や車、作業し続ける多くの自衛隊員と自衛隊車両、何かを誰かを探す地元の人達。言葉もでませんでした。一言でいえば背筋が寒くなりました。被災地ではない場所にいる私たちができることやれることは山のようにあります!昨日土曜はボランティアに1700人が集まったそうです。支援物資もまだまだ必要です。子どもたちの学校も21日から始まります。

iPhoneから写真をアップできなかったので東京に戻ったらアップします。facebookには数枚だけ先にアップしました~
現在、石巻から仙台への高速バス移動中
[PR]
by meg2010 | 2011-04-17 12:53

避難所作り

今日は新たな避難所を学校体育館で作る作業を15人チームで2箇所で行なった。だだっ広い体育館の床を消毒しシートを貼ってマットを敷きダンボールのパーテーションで仕切る。東北の夜は芯から冷え込むのでどうか早く仮設住宅が建設されますように014.gif
[PR]
by meg2010 | 2011-04-16 21:04

避難所へ

石巻は今のところ快晴です!
今日は15人チーム編成で避難所の設置に配属されました。
土曜なのでボランティアに集まってる人も多し!

朝ご飯には温かいうどんをご馳走になりました。肉体労働に励み寒さと格闘するボランティアのために静岡ライオンズクラブのおっちゃん達が炊き出しにきてくれました。あったまってめちゃめちゃ美味しく感じた003.gif

街中は自衛隊車両を多くみかけます。ボランティアがまだ入れない最前線で今も奮闘してくれているのです。お店はまだほとんど営業しておらず、大量のゴミ収集も追いついていません。使える道路が限られているため渋滞がよく発生しています。
[PR]
by meg2010 | 2011-04-16 09:38